マーケットプロファイル(MP)分析(動画)  有料情報ご案内
無料情報 no2 i ご注意: 動画やチャートは独自に作成したものです。個人でのご利用に限定してください
・日経平均はいつ高値をつけるか


@日経平均過去40年月足チャート


  参考 日経平均年足

A日経平均奇数年チャート(2019年まで



B日経平均偶数年チャート(2020年更新中





C日経とダウの比較





  有料購読ではさらに詳細・多様なチャートで日経平均などのトレンド転換を分析中。
有料情報ご案内
セル・イン・メイ(四月に売れ)」・「サマー・ラリー(夏上昇)」・「夏枯れ」は、『偶数年』と『奇数年』で傾向が異なります。

@過去40年の月足チャートを日経平均で比較してみてください。偶数年と奇数年では特徴が異なります。
10月は、いずれでも要注意であることをチャートは示しています。


A奇数年は夏場以降秋にかけて弱くなりますが、そのほかの月は比較的順調です。ただし、春先から夏場に大きく下げると戻すのが難しくなります。2001年、2007年、2011年のように大きな調整になります。上げるべき春先から夏にかけてが重要です。


B夏場の動き次第では偶数年も奇数年に似た動きになることがあります。過去20年の月足チャートでは暖色系と寒色系で動きに違いが見られます。今年(2018年)は10月の下げが大きく、戻すべき11月が弱かったので、最後は2000年・2002年と似た形になっています。


C日経もダウも偶数年と奇数年の傾向は一致していますが、夏場から9月・10月で少し違いが見られます。